So-net無料ブログ作成

自殺者12年連続で3万人超=実態に応じた対策提唱―政府白書(時事通信)

 政府は11日午前の閣議で、2010年版自殺対策白書を決定した。09年の自殺者数が前年比596人増の3万2845人と12年連続で3万人を超え、白書は「大変憂慮すべき状況」と強調。警察庁などが行った自殺者の職業や年齢、自殺が増える時期などの分析結果を紹介しつつ、実態に応じた対策を講じるよう地方自治体に求めている。
 09年の自殺者の内訳は、男性が同641人増の2万3472人、女性が同45人減の9373人。特に40〜60歳代男性の自殺が多く、自殺者全体の40.8%を占めた。職業別では「無職」が57.0%で最も多かった。自殺者数は03年の3万4427人をピークに高止まりし、09年は2年ぶりの増加だった。 

【関連ニュース】
自殺者の6割、薬過剰摂取=目立つ若い世代
パワハラでうつ病発症、自殺=市課長の公務災害認定
40代自殺の増加幅最大=20〜30代は過去最悪-12年連続3万人超・警察庁
4月の自殺者2493人=警察庁
うつ病対策、法改正含め検討=全国的増加に対応

口蹄疫 宮崎県都城市で牛3頭が「疑い」 同市では初(毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎など3市、埋却作業終了(毎日新聞)
<窒息死>歯治療中の2歳女児、のどに脱脂綿詰まり 埼玉(毎日新聞)
工作機械不正輸出未遂の会社を捜索 兵庫県警、兵器製造転用可(産経新聞)
家族旅行回数、仏韓の約半分=観光白書(時事通信)

看護師教育のみの学士課程促進を―日看協が要望書(医療介護CBニュース)

 日本看護協会(久常節子会長)はこのほど、看護基礎教育の充実や特定看護師(仮称)養成の推進を求める要望書を、文部科学省高等教育局の徳永保局長にあてて提出した。看護系大学については、看護師教育のみの教育課程の促進を求めている。

 今年4月に施行された改正保健師助産師看護師法(保助看法)で、看護師国家試験の受験資格に大学卒業が明記されたことや、保健師・助産師の教育年限が半年以上から1年以上に延長されたことを踏まえ、▽大学での看護師教育の充実▽大学院での保健師・助産師教育の推進▽特定看護師の養成の推進―の3点を要望。
 看護系大学については、看護師教育のみの教育課程の設置や看護学部新設の促進を求め、大学院教育に関しては、専門性の高い助産師・保健師のほか、厚生労働省の有識者会議が検討している特定看護師の養成課程の設置推進を要望している。


【関連記事】
特定看護師の早期制度化などを要望―日看協
保健師個人を対象とした初の全国調査―日看協
保健師資格の取得は大学? それとも大学院?
改正保助看法の成立で何が変わったのか
改正保助看法など成立、来年4月施行

<ライター>安全大使に「弘道お兄さん」(毎日新聞)
平沼氏、日本創新党と統一会派の意向(読売新聞)
やはり景観上NG…市議名の街頭看板自主撤去へ(読売新聞)
首相動静(5月31日)(時事通信)
「帰国すると車なかった」放置車両横流し(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。